快適な眠りサポートまくら

寝返りをうっても安眠を約束される枕が理想の条件です

寝るときの姿勢で、「仰向け寝」と「横向き寝」では、肩幅によって頭の高さが異なります。

 

 

起きたときに身体が痛くなる原因のひとつとして、枕の高さの差による首や肩への負担があげられます。

 

 

人間は寝返りによって、起きているときにかかる頭の重さによる首や肩の負担を軽減しているといわれています。

 

 

6〜8kgはある頭の重みが、起きているときは首にかかっています。

 

 

寝返りをスムーズに行うことができないと、首や肩に負担がかかることになるようです。

 

 

また、枕が高いと、寝ているときに気道をふさいでしまうため、いびきをかく原因になります。

 

 

枕の高さが身体に合っている必要があります。

 

 

仰向けで枕の高さを調節しても、寝返りをうって横向きになると高さが変わります。六角脳枕は、寝返りをうっても移動するのは頭と肩だけで、高さに変化がありません。

 

 

人間の身体に最適な高さに調整されていますから、首や肩の緊張をやわらげて、快適な眠りへとサポートします。

 

>>六角脳枕【最安値】公式通販ショップはコチラ<<