枕 快眠

脳科学から生まれた六角脳枕

子供の頃はあれだけ毎日スッキリと眠れていたのに、大人になるにつれて睡眠で疲れが取れなくなりました。

 

 

悪いときは眠った後のほうが、首や肩にハリを感じてしまいます。

 

 

眠りも浅いようで、睡眠中に目を覚ますことも多くなりました。

 

 

一度目覚めてしまうとなかなか寝付けないので、翌日の仕事に影響します。

 

 

そして、ストレスや疲れが溜まって、毎日の仕事の疲れが取れません。

 

 

そんなとき、睡眠には枕が関係しているということを友人から聞きました。

 

 

人によって高さや大きさ、それに形や硬さなど、適性が違うそうです。

 

 

そして、私が今、最も注目しているのが、六角脳枕です。

 

 

これは、頭、肩こり、首こりの悩みに対応した枕で、様々なメディアで特集されるほどの人気があります。

 

 

デザインはその名の通り六角形なのですが、この形は丈夫で安定性があるということから採用されているのだそうです。

 

 

もちろん、脳科学から生まれただけあって、身体に負担をかけない作りになっています。

 

 

人間は寝ている間にたくさんの寝返りをしますが、六角脳枕は寝がえりがしやすいように作られています。

 

 

つまり、肩や首に負担がかからない構造をしているんです。

 

 

六角脳枕は脳科学により安眠をもたらしてくれる優れた製品なのです。

 

>>六角脳枕【最安値】公式通販ショップはコチラ<<